沈黙

翔太が途方にくれる。おじいさんがキツネの皮でチョッキを作ってくれたのだ。友達がキツネを飼っている。複雑な気持ちになる。
「おじいさん、俺、チョッキはいらない。」

世の中が複雑で考えても答えがでない。万物の創造をフィクションにすると悩まなくてもいい。フィクションにはできない。ゆえに悩む。それでいい。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です