ハナミズキ

自国がじり貧になるのは耐えられない。したがって国際競争力をつけなければならない。学力、政治、経済いずれにしてもだ。その過程で社会に歪みが生じる。しょうがないだろう。ただし歪みの症状を観察し分析しなければならい。
「大量殺戮を実行するテロリスト」
「満員電車で移動する通り魔」
「交差点で子供の列に自動車を乗り上げる人」
「ズボンがお尻に食い込んでいる人」
なぜか見た目はテロリストが美しい。そして食い込んでいる人が最も醜い。自動車事故を犯す人は通り魔よりも醜い。そう、周りが見えなくなった人が何よりも醜く何よりも恐ろしいのだ。

譲り合いの精神が欠落する病がはびこる。

だから世の中に歪みが生じたら仕組みを修正しなければならない。一刻も早く。
愛する人のために。
100年後、いや永久のために。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です