Feel Like Maikin’ Love

「家賃の支払いが遅れている」「最近カップラーメンしか食べていない」「ケイタイが止められた」
困ったことだ。生きなければ。こんなときマリーナは歌いに出た。プロが生きるために歌うとき、その研ぎ澄まされた技量は凄まじく、聴衆は度肝を抜かれただ唖然とする。
トッププロが「パン」のために歌うとき、その熱量となるドーパミンの輝きは明確に眩しい。震えが止まらない。涙腺を押さえる。

すばらしい作品に出合えた。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です