痴人の愛

男と女の距離感が難しい。経験で学ぶしかない。銀座にたくさんの教材がある。

男はナオミに上流階級の知識を植え付けようとした。なんとおこがましい。当然のごとくしっぺ返しをくらう。実践で得た微妙な距離感で男は操られる。最悪なのは自分が操っているのだと思い込んでいることだ。
世間に地獄を見ている男がなんて多いことか。ペテン師は心から笑うことなくその人生を終える。

「人は感性が解放されたときに人生の本質を学ぶ」
不条理ではあるが自由人にとっては常識である。しかし「説明文」に侵された知識人には非常識である。

以前、果てしなく自由を求めるシノとよく飲んでいた。絶妙な距離感を持っていた。深入りはしない。ただしナオミよりも美しかった。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です