Manifest Destiny

「スティヴィーワンダーの声とジョンレノンの感性を持ち合わせる男」
ジェイソン・ケイはいわゆる天才肌である。その美声は限りなく青に近い紫色だ。そして破天荒な振る舞いとは裏腹にどこまでも繊細なメロディーを紡ぎだす。
彼は幼いころからキャバレーで歌う母のジャズを聴いて育った。生き延びるためのジャズだ。嫌になった。そして芸術としてのジャズを追求し、才能が開花したのがこのアシッドジャズである。
この作品に彼の脆弱な質感が最もよく表れている。

彼がこよなく愛する「高級車と美女」は儚く悲しい精神とのアンビバレンスだ。悪くない。それでいい。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です