Lost & Found

聴き入って脳が弛緩した。ウォルソールのノスタルジーが作用しているのではない。アルバムを徹底して貫くR&B特有の「揺れ」に反応したのだ。リアーナ、アデル、エイミーも共通に持ち合わせているギフトである。それは脆弱な魂の叫びであり、だだひたすらに無条件の愛を追い求める。涙ぐんで蓋し納得する。
ワインやウィスキーを片手に堪能したいところだが残念ながら断酒中である。しかし十分に気持ちがいい。
後にジョルジャ・スミスの天分に乾杯しよう。
ワインは決まっている。マルベックだ。強いタンニンがよく似合う。ウィスキーはシーバスで少し癖のあるブルーチーズを合わせる。すばらしい「揺れ」を堪能できるに違いない。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です