Hotel California

この楽曲はまさに「芸術作品のあずかり知らぬ運命」をだどってきた。多彩なメタファが用いられており、その解釈が多岐にわたる。作者に意味を尋ねるのはナンセンスだ。アーチストも気づかない無意識的なメッセージが込められているからである。
「このホテルからいつでもチェックアウトできる。しかし永遠に離れ去ることはできない。」
多くのアーチストが「人間の退廃」を表現している。退廃はあらかじめ組み込まれていてその人に罪はない。そして人は退廃から脱したように明言するが、実のところ何も変わってはいない。
つまるところ高度に発達したキャピタリズムに歪みが生じている。エゴイズムを源泉とした歪みだ。そのしわ寄せが人類に病という形で現れる。アート生成のモチベーションにもなる。そこからは離れ去ることはできない。楽しむところだろう。

ドン・ヘンリーの声がいい。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です