DUE DATE

太宰治の「人間失格」で登場人物はシャレた遊びをしている。周辺の名詞をすべて喜劇名詞(コメ)と悲劇名詞(トラ)にカテゴライズするという一興だ。学生時分によく真似をしてコメとトラのアンビバレンスを楽しんだものだ。
「デュー・デート」では主人公はアメリカ大陸を横断する。道中の破天荒を演じるのはあのザック・ガリフィアナキスだ。それだけで素直に笑える。彼自体はコメなのかトラなのか。
一様にして才能豊かなコメディアンほどトラに振れている。そして気高い哲学者はコメに振れている。ザックは暗黒の谷間で笑いを絞り出し、強烈な日差しを浴びる尾根へと引っぱり出す。だから面白い。

無性にアメリカ大陸を横断したくなった。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です